土地の形で考える!マイホームに適した土地とは?

マイホーム
スポンサーリンク

ボブキング
ボブキング

どうも!ボブキングです!

siri
siri

今日のテーマはなんでしょう?

ボブキング
ボブキング

今日も「土地」だよ!

siri
siri

わかりました。

ボブキング
ボブキング

今日は土地の形について書いていきます!
間取りとか金額にどう影響を与えるのか書いていきますよ!





さて今日は前回の投稿に引き続き、土地をテーマに記事を書いていきます。


ちなみに前回の記事はコチラ↓


道路の方角で考える!マイホームに適した土地とは?

道路の方角が違うだけで土地の表情はガラッと変わります。

その為、暮らし方や間取りにも大きな影響が及びます。

具体的に朝起きたらこんな感じかなとかどんな生活がしたいかなと想像しながら

土地探しをすることをお勧めします。

建物は自由に変えることは出来ますし、売ったり建て替えたりすることが出来ますが、

土地はそこまで変えたりすることはできません。

そこで土地選びに困っている方や、この土地で良いのか不安という方に向けて記事を書きて行こうと

思います!!



あなたに読んで欲しい!!

・土地を探し始めて何が何だか分からん
・この土地は良い土地なのか悪い土地なのか分からん

土地の形にはどんなものがあるのか

それでは具体的にどんな形をしているのか
イラスト付きで見ていきましょう!!





整形地


「整形地」とは読んで字の如く整えられた土地です。
長方形や正方形など綺麗な四角い土地のことです。
こんな感じです↓


メリット

1.間取りが作りやすい!

何といってもここが大きいでしょう!
建物・駐車場・庭のバランスが美しいです!


例えばこんな感じ




土地の形による間取りへの影響は全くありません!
まさに完璧です!


2.余計な費用が掛からない
他の土地と比べて費用が掛かりません!!
土地情報のチラシに記載の費用と諸費用のみでOKです。


嬉しい!!

デメリット

1.価格が高い
やはりいい土地なので値が張ります。
ですがマイホームを建てるという観点から見れば他にデメリットはありません!!






旗竿地

はたざおちとよみます。
下のイラストをご覧ください!


 

メリット

1.プライベート空間が作りやすい

道路から家や庭が見えないので自分たちのスペースを作ることが出来ます!




2.お子様が安心して暮らせる環境を作ることが出来る

玄関から飛び出てすぐに道路があると事故にあうかもしれません。
しかし旗竿地だとその心配は1ミリもありません。
更に言うと人目を気にせず庭で遊べますし長い通路を利用してキャッチボールもできます!
※周囲には気を付けてくださいね笑

デメリット

1.圧迫感・日照で不安
まわりに建物が密集しているので、日当りや圧迫感を感じることがあるかもしれません。
2階リビングや吹き抜け、天窓など間取りに工夫が必要です。




2.水道管の工事費用が倍になる
なんのこっちゃと思われるかもしれませんが、理由はいたってシンプル。
下のイラストを見れば瞬間的にお分かりいただけます。




そう!


分かりませんよね!笑


まず道路に水道管の本管が埋まってます。
各ご家庭で道路を掘り返し宅内に水を引っ張ってきて水を使ってます。


ですが!


旗竿のように道路から遠い場所まで水道管を引っ張る必要がある場合はシンプルにお金がかかります。

お隣さんと比べると倍ではきかないくらい費用が掛かります。
通常だと100~200万ですが、300~400万になります。
これがあることで憧れの家具を我慢しなければならないことに・・・なんてこともあります。


※パッと見た時は安く売り出されています。これはお得ではなく別途費用がかかることを見越して安くなっています!!ラッキーじゃんと飛びつかないようにしてください!!
安いことには理由があります!これはどんな土地にも当てはまるので注意してください!!

坪単価でみて同じエリアなのに少し安いぞ?となっている土地は必ず詳細を聞くようにしてください!

高低差

さあ次は高低差のある土地です。


イメージは下のイラストをご覧ください。

メリット

1.景色がいい
純粋に1階分高くなるケースが多いのですがそりゃ眺望は良くなります!
他の人に見えない景色がそこにあるので特別感に浸れます。

バルコニーを広めにとって晩酌なんてのも乙で素敵ですね!!

2.人目につかない
こちらはイラストをご覧いただければお分かりだと思いますが、道路を歩く人の視線から外れることが出来ます!
お風呂に入る瞬間タオルを忘れたことに気づいても大丈夫!!
リビングを全裸で歩いてもバレることはありません。

デメリット

1.費用が莫大にかかる可能性がある
高低差がある場合土留めと呼ばれるものを作らなければなりません。
これは家を建てた時、家の重さで土地が崩れるのを防ぐものです。


高低差が大きい場合だと土留めはマストなので、なければ作らなければなりません。
既にある場合でも、役所からやり替えを命じられる可能性があります。


土地の広さによりますが、別途土留め工事費用がかかってきます。300万の工事から1000万の工事までとケースによりますが他の土地に比べてかかる費用は莫大です。

高低差があまりにもある場合は崖扱いとなり崖の面から距離を空けないと建物を建てることが出来ないので注意です!!崩れると建物が下敷きになるのを防ぐためです。(イラストだと真ん中のグレーから右の土地に建物を建てる場合)


そのため日当りや駐車場が確保できるかがポイントになってきます。

変形地



こんな土地です。

上記3パターンに当てはまらなければ変形地と思って頂いて問題ありません。
三角形だったりいびつな形だったりします。

メリット

1.めっちゃ安い
あまり人気がないのか格安です。笑

デメリット

1.駐車場の位置決めが難しい



なんとなくイメージは作りましたが、この配置だと駐車が激ムズ仕様となってます。笑
かといって駐車しやすいようにすると家の面積が小さくなってしまいます。


変形地だと駐車場の取り方が難しいです。


変形地の場合は安いので少し広めの土地にすることを強くお勧めします!!

まとめ

4種類に分類してお話してきましたが、最後に振り返っておきましょう!!


整形地:お金はかかるが、間取りも失敗したくない方向け

旗竿地:お子様の教育環境を大切にしたい方向け

高低差:オリジナリティを求めたい方向け

変形地:価格重視の方向け



それぞれメリット・デメリットがありますしここに挙げたポイント以外にもエリア的特性などは多くあります。必ず詳細は不動産業者に確認してください!!


それでは良い土地探しライフを!!

マイホーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
bobkingをフォローする
スポンサーリンク
ボブログ

コメント