現役営業マンが教える新築注文住宅の値引き交渉術

マイホーム
スポンサーリンク

どうも!ボブキングです!
ゴールデンウイークいかがお過ごしでしょうか。
平成が終わってしまいますね。
ありがとう「平成」ようこそ「令和」

さて、今日は値引き交渉について書いていこうと思います!
マイホーム検討しているとこんな場面に遭遇することありませんか????

マイホームほしいけど予算が合わない・・・

建てたいメーカーは決まっているけど高い・・・

やはり家は高い買い物です。お金の心配は常につきまといます。
下の表を見ても、上位5項目の内、3項目がお金に関することですよね。
そこで、少しでも総額を抑える方法を営業マン目線でお伝えしちゃいます!
赤裸々に書こうと思うので、是非最後までご覧ください。


スーモ より引用https://suumo.jp/article/oyakudachi/?post_type=oyaku&p=14852

こんな方に向けて交渉術3つ書きたいと思います。

  • 予算内に収めたい!!
  • 希望のメーカーで建てるようにしたい!
  • 値引き幅を増やしたい!

 

※初めの注意
基本的に契約前にこれらの交渉を行ってください。契約後、打ち合わせの中で、こうしたい!と思う項目は必ず出てきます。変更が出て金額はおおよそ10%前後上がるケースが多いのですが、そのタイミングでの交渉は難しいです。あなたが欲しいんでしょ?というスタンスなので、値引きとはなりにくいです。

若い人を狙う

単純ですが、これが一番値引き金額が多くなります。かつ!確実に値引きしてくれる最強の方法です。
ちなみに若ければ若いほどいいです。担当としての未熟さを勉強代としてお金で解決します。しかも上司が必ずサポートに回ります。上司が教えながらやるのですが、上司としても部下の担当するお客様を無事にお引き渡しする使命があるので、手厚くサポートします。新人に関してはほぼ全部上司がやってるので、ちゃんと家は建ちます笑

値引き額:★★★★☆
値引き確立:★★★★★

時期を狙う


建物の完成のタイミングによって値引き額が変わってくるのはご存知でしょうか?

え?知らなかった!




という顔が画面越しから見える見える!
そうそこのあなたですよ!ラッキーでしたね!
その仕組みをハウスメーカーの裏側を大公開しながら迫ってみましょう!


ハウスメーカーの売り上げのタイミング

ハウスメーカーも利益を求める会社と変わりません。
その為、売り上げや利益がいくらかというのは契約する際に最も大事な項目の1つです。
ただ、ハウスメーカーの利益はほとんどがお客様と契約をしなければ始まらないのですが、
契約の時に何千万というお金は動きません。
売り上げとしてお金が動くのは建物が完成するタイミングです。なぜなら建物が完成した時にローンが実行される為、この時に初めて銀行から融資され売り上げとなります。

 

時期が大切

建物が完成する時期が大切というのはお分かり頂けたかと思います。

だがしかしBUT、毎月コンスタントに売り上げ続けるというのはなかなか難しいものなのです。
お客様の事情や、役所上の手続き等で時期が先になってしまうなんてことはよくあります。


そうなると穴ができてしまいますよね??


それは困るということで、大きく値引きしてでも契約しよう!!という動きになります。
つまり、値引きするので、何月に建物を完成させるということでいいかな?ということです。

おすすめな時期

でもその穴ができる時期なんてわかるわけないじゃんという声が聞こetkai

でもその穴ができる時期なんて分からないじゃん。


やはり聞こえてきましたね笑
でも大丈夫!傾向があるので、予想はできます!

ポイント

1月、5月、6月、7月、10月です!


理由は住み始める時期としては中途半端だからです。1月は帰省とかでゆっくりしたいし打ち合わせもできない。5~7月は新学期が始まって引っ越しとかしてる場合じゃない。10月は下期がスタートして忙しい。というようなことが挙げられます。


そこから工期を逆算していつ契約すればいいのかを割り出せば完璧です。
下記リンクからハウスメーカーの工期が一覧となっているので、気になるメーカーさんをチェックしてみてください。


https://xn--pqqs0t0wc1xaz07h.net/%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E6%AF%94%E8%BC%83%E3%80%81%E5%B7%A5%E6%9C%9F%E3%80%81%E5%B7%A5%E6%B3%95%E3%80%81%E5%9D%AA%E5%8D%98%E4%BE%A1/
住宅アドバイザーが教える住宅展示場の歩き方まとめ様より引用

例えば工期が6ヶ月だとするとこんな感じです。


詳細な打ち合わせ期間が2,3か月あるので、そこも計算していく必要があります。
詳細はメーカーごとに異なるので気になるメーカーに問い合わせてみてください。

値引き額:★★★★☆
値引き確率:★★★☆☆

見学会の承諾

ハウスメーカーでは建物実例紹介や無料相談会などのイベントを定期的に実施しています。
その会場にさせてもらう代わりに、ちょいと安くしますよという値引きもあったりします。
値引き額は多くないものの、長いお付き合いになるため、担当の対応が格段に良くなります。笑

値引き額:★★☆☆☆
値引き確率:★★★★☆

他社も見る



1社で検討している場合、見積もりを提示した際にこの金額は妥当なのか判断するのは難しいですよね?そこを逆手に取り、値引きなしの金額でこれが普通ですって顔しながら見積もり提示してきます。それだともったいない!!笑

そんな時は「実は他も見てて他社さんは〇〇〇〇万でしたよ!あなたのところ気に入ってるんですけどねー、同じ金額ならあなたなんだけどなー」という甘い言葉をささやけば値引きの可能性は出てきます。ふっかける金額は担当の性格に合わせて設定してください。笑

値引き額:★★★☆☆
値引き確率:★★★☆☆

まとめ

値引きのための交渉術を4つご紹介してきましたが最後に要点のみ整理していきます。

これだけ!

 

  • 若い人を狙う!新人がベスト
  • 完成のタイミングを1月、5月、6月、7月、10月に絞ってみる!

  • 見学会は承諾する!定期的に家を片付ける機会になるはず!
  • 他社を引き合いにだす!


以上です!
ご参考になれば幸いです。


マイホーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
bobkingをフォローする
スポンサーリンク
ボブログ

コメント